SMはお互いを尊重する事

SMで大事な事。それは自分の快感というのは勿論ですが、それ以上に相手を尊重する事です。冒頭から口をすっぱくして説明していますが、SMというのは一人で行う事は出来ません。

 

性欲の発散であれば、自慰という形で一人で行う事も出来るでしょう。しかし、SMに自慰は無いのです。

 

それはSMではなかく、ただの自虐でしかなくなってしまいますので、SMというのはパートナーがいてこそ初めて成り立つものだったりするのです。それをしっかりと理解しておかなくてはなりません。

 

SMのプレイの最中は相手を痛めつけたり、痛めつけられたりという関係になりますが、それはあくまでもプレイの中での人間関係なだけであって、本当に憎い、苦しみを与えてやりたいと思っている訳ではなく、プレイにしっかりと沿っているだけなのです。

 

つまり、それは相手の意思を尊重しているという事なのです。

 

SMはこの部分が非常に大事です。

プレイの最中は相手に対する様々な思いが交錯してしまうかもしれませんが、その相手も同じように貴方に対してのリスペクトがあるのです。それを忘れずに、相手してくれる事の感謝というものを常に覚えておかなくてはならないのです。

 

その気持ちがあるからこそ、相手の望むように自分を使ってもらう。それがSMの本質だったりするのかもしれませんので、SMというのは、攻撃したり攻撃されたりする中から、人間の奥底の部分でのコミュニケーションを図っているものなのかもしれませんね。

人妻とSMをするならこのサイト